日臨工賠償責任保険制度改定!法的業務拡大による補償額大幅UP!

2022-07-19

日本臨床工学技士会じぇ加入している方には案内が届いているかと思いますが、団体賠償責任保険制度のご案内の2022年度版についてです。

裁判
裁判

これは大変重要なものとなりますのでぜひ加入していない方は加入するべきです。
この保険制度に加入しない場合は必ずお勤めの施設やグループでおこなっているものに加入しましょう。

この記事では変更点や注意するべきことなどについて触れていきます。

団体賠償責任保険制度とは

臨床工学技士としての業務上の過失により、患者さまの身体に障害を与えたり、他人の財物に損害を与えた場合の法律上の損害賠償責任を補償する臨床工学技士の業務に特化した保険制度です。
臨床工学技士法の改正により追加された業務も補償対象となります。

また、業務中、通勤のケガで死亡したり、後遺障害を負った場合の補償もあります。

そして日本臨床工学技士会との団体契約であり団体割引の30%があります。

病院で働くかぎり、医療事故とは隣り合わせですし、なにかあった際には高額な賠償請求が起きる可能性がありますので加入しておかなければ臨床業務を許さない施設もあります。

医療事故
医療事故

補償内容の改定

高度化した医療機器の保守・操作・管理などを行うことや改正による業務範囲拡大を受けて、臨床工学技士の存在が重要となり役割が高まっています。
これらの環境変化を踏まえて改定が行われました。

・賠償責任保険の補償範囲の拡充
・賠償責任保険の保険金額の引き上げ
・年間保険料の引き下げ

それぞれ大きく変わっています。

セキュリティ
セキュリティ

賠償責任保険の補償範囲の拡充

今までは臨床業務のみとされていた対象業務が、学会業務、養成施設の教員の業務、一般企業の機器操作の業務も追加されました。
最近では各医療メーカーも国家資格者を集めていますし、病院以外でも活躍の場が増えたことが理由として関わってきていることでしょう。

補償範囲の拡充について
補償範囲の拡充について

上の図の下段部分が拡充された範囲となります。

賠償責任保険の保険金額の引き上げ

保険金額の引き上げ
保険金額の引き上げ

保険金額は異常なほど上がりました。
これも我々の仕事の危険さが伝わったことと認知度が上がったことが影響しているかもしれません。
最大で3億円もの補償があります。

年間保険料の引き下げ

年間保険料
年間保険料

保険金額が上がったのにも関わらず年間の支払いが大きく下がりました。
これは大変ありがたいことです。

注意点

STOP!!!
STOP!!!

ここで注意しておかなければならないことがあります。

それは補償範囲についてです。

保険金が支払われる条件に
『日本国内において、臨床工学技士法の定める臨床工学技士としての業務の遂行に起因して…』
といった文言から始まっています。

そして支払いができない場合には
『臨床工学技士法に違反して行った業務』
とあります。

これは認められていない業務に関与した場合は該当しないということになります。

今回の業務拡大で、ある意味認められた業務と申請をおこなったのに認められなかった業務が明確化されたと言えます。

内視鏡業務や睡眠時無呼吸症候群の治療など、臨床工学技士法で認められていない業務で医療事故に遭遇した場合、こういった保険でも賠償責任の補償を受けられない可能性があります。

補償
補償

業務に携わる方は、この危険性を理解して従事するようにしなければなりません。
また、責任者の方も部下の将来を台無しにしてしまう可能性があることを理解しましょう。

業務範囲を超える医行為での報道

先日、臨床工学技士が業務範囲を超える医行為を行ったという医師法に抵触する可能性がある極めて重大な事案が発生し、報道されました。

内容としては、心臓ペースメーカの交換手術に立ち会っていた臨床工学技士が医師の提案(指示)により皮膚縫合を行なったというものです。
所属施設は有識者を含む委員会の答申を受けて当該医師および臨床工学技士を訓告処分を下したとのことです。

技士会はこれに対して法令遵守の徹底について通知を発信しました。

医療専門職として、各種法令等の遵法を徹底し、これらに違反することのないよう十分に留意することと、臨床工学技士の倫理性を支える基本理念である「公益社団法人日本臨床工学技士会倫理綱領」を厳正に保持することを伝えています。

そうであれば、もう少し明確にやっていい業務とやってはいけない業務を出して欲しいですね。

あとがき

非難
非難

医療事故とは隣り合わせではありますが、やはり恐いものです。

自分の身は自分で守ることが大切です。

保険もそうですが、自身の業務についても考えていくことが重要かもしれません。

EDM SNS あらすじ お歳暮 お菓子 オクトラ コンビニ スマホ ディズニー ポケマス ポケモン マリオカートツアー メギド72 ラストクラウディア 動画 医療 水族館 災害対策 白夜極光 育児関係 臨床工学技士 食レポ